薄毛治療クリニックを徹底比較 / AGAの110番

AGAに悩める全ての方へ

日本国内で薄毛に悩んでいる人は、全成人の10人に1人に上ると言われています。
一昔前まで薄毛は遺伝によるもので治らないと考えられてきましたが、現在は薄毛や脱毛症は治療が可能になっています。
しかしAGAで悩んでいる方の中には、正しいAGA治療方法を知らなかったり、自己流のケアで症状を悪化させてしまっている方もいます。
信頼のおけるクリニックで正しい治療を受け、AGAの悩みを克服しましょう。

サイト運営者からのご挨拶

現在、成人の日本人男性のうち約3人に1人がAGA(男性型脱毛症)を発症していると言われています。
AGAは遺伝によるもので治療は不可能と言われてきましたが、現在はクリニックでAGA治療が受けられるようになっています。
当サイトはAGAの悩みから開放される方が1人でも増えることを目指し、AGA110(エージーエーイチイチゼロ)運営事務局が立ち上げました。数々の情報から正しい情報のみを抽出し、実際にAGA治療を経験した方の口コミや実体験なども掲載しております。
AGAの駆け込み寺のような存在として、あなたの悩み解決に役立てることを心から願っています。

TOP3

2017年AGA治療クリニック総合ランキング

AGA治療にはクリニック選びが大切です。ここでは当サイトがお勧めできるAGA治療クリニックをご紹介します。

恵比寿美容クリニック

恵比寿美容クリニック

東京都渋谷区恵比寿西1-3-11 BELLE恵比寿4階
評 価
4.4点 4.4点 / 5点
治療内容
血流ガス治療、栄養治療
通院頻度
月1~2回
備 考
薬を使わない治療法を推奨
恵比寿美容クリニック

恵比寿美容クリニックでは、頭皮の血行改善と毛根への栄養補給により薄毛の悩みを解消していただけると考えています。
血行が悪い状態では毛根に栄養が行き届きません。
クリニックオリジナルの血流改善ガスを頭皮に注入し、血行を改善することで栄養分が毛根まで届き、発毛効果が期待できます。

東京青山クリニック

東京青山クリニック

東京都港区南青山5-12-6 青山第2和田ビル3F
評 価
4.1点 4.1点 / 5点
治療内容
投薬治療、育毛メソセラピー
通院頻度
月1回
備 考
全国に12院あり(東京・青森・秋田・新潟・富山・静岡・山梨・長野・町田・群馬・千葉・愛媛)
東京青山クリニック

東京青山クリニックで使用しているAGA治療薬は「フィナステリド」と「ミノキシジル」で、薬の配合は全てオーダーメードで処方しています。
処方後も進行や症状の経過を丁寧に観察し、効果を実感できるよう治療方法を提案します。薬剤カクテルを毛根内に直接注入するメソセラピーも採用しています。

アゲインメディカルクリニック

アゲインメディカルクリニック

〒103-0028 東京都中央区八重洲1-6-16 東進ビル7F
評 価
3.9点 3.9点 / 5点
治療内容
投薬治療、育毛メソセラピー
通院頻度
月1回
備 考
20~30代の男性に特化している
アゲインメディカルクリニック

アゲインメディカルクリニックは、20代~30代の方専門のAGA治療クリニックです。AGAは出来る限り早く治療を開始することが大切です。育毛剤の販売やマッサージなどの施術は一切行っていません。医師の診察による薬の処方で、十分な効果と実感を得られるとの自負があるからです。

AGAの悩みを解消するには、症状に適した治療方法を行っているクリニックに一日も早く相談することが大切です。当サイトお勧めのAGA治療クリニックをランキング形式でご紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

AGAとはそもそも何?

男性Aさん(26歳)

男性Bさん(34歳)

画像引用元:恵比寿美容クリニック

AGAは男性型脱毛症のことを言います。AGAは成人男性の70%を占める脱毛のパターンです。
AGAの脱毛パターンは額がM字型に薄くなるタイプ、頭頂部が丸く円を描くように薄くなるタイプ、U字型に薄くなるタイプの3つに大きく分けられますが、単なる薄毛とはどのように異なるのでしょうか。
ここではAGAとは何なのか、薄毛と何が違うのかについてご紹介します。

AGAと薄毛の違いとは?

AGAと薄毛は「髪が薄くなる、抜ける」という点ではどちらも同じ症状ですが、根本的な原因が全く異なると考えられています。
■AGA→男性ホルモン、DHTにより髪が成長する前に抜けてしまう脱毛症状
■薄毛→過剰な皮脂分泌、血行不良、アンバランスな食生活、睡眠不足、ストレスなどによる脱毛症状

薄毛の原因とは?

薄毛の原因は頭皮の過剰な皮脂分泌、頭皮の血行不良、乱れた食生活、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。
円型脱毛症については諸説ありますが、自己免疫疾患が原因と考えられています。
AGAにより薄毛になるメカニズムは、一般的な薄毛とは異なり、男性ホルモンが変異したDHT(ジヒドロテストステロン)が頭皮の毛乳頭に影響を及ぼし、ヘアサイクルを早めてしまうことが原因と考えられています。

頭皮の血流の差がAGAに関係する?!

頭皮の血流量が多いと、毛根に届く栄養成分も豊富です。
栄養分が行き届くと太く健康な髪が生えます。逆に栄養分が行き届かない髪は脱毛してしまいます。
一般的なAGA治療は薄毛の進行を抑える、現状維持をすることが目的であるため、その後の育毛、発毛ケアは頭皮の血流量にかかっていると言っても過言ではありません。
血流を増やし栄養分を毛根に行き届かせることがとても大切です。

AGAは「治る」ものなのでしょうか

Before
After

画像引用元:恵比寿美容クリニック

AGAの症状は早い方で第二次性徴期頃から現れます。
AGAは正しい治療を受けることで進行を抑えられます。
ここではAGAは「治る」ものなのかについて考えてみましょう。

治療開始が早いほど効果が期待できます

AGAを放っておくと、どんどん進行します。通常の薄毛とAGAは自分で見分けがつきにくいため、自己流のケアを続けている間に脱毛が進んでしまい、最終的にクリニックに相談するという方もいらっしゃいます。細い抜け毛が増えたり、AGA特有の髪の薄さから「AGAかもしれない…」と気づいたら、一日も早く治療を始めましょう。

進行を食い止めることが可能です

AGAの主な治療薬はプロペシアとミノキシジルです。プロペシアは男性ホルモンがDHTという物質に変異するのを防ぐ効果があります。DHTはプロペシアを服用することで発生を防ぐため、AGAの進行を抑えられます。
ミノキシジルは頭皮の血行を促し毛母細胞に栄養を行き渡らせるため、AGAの進行を食い止めつつ、育毛効果が期待できるのです。

正しい治療と生活習慣の改善がポイント

AGA治療は抜け毛の進行と防止を防ぐことを目的としています。
そのためAGA治療の開始後、継続的な内服薬の服用、外用薬の塗付が必要になります。
AGAで悩み始めた方の多くは育毛剤ばかりに注視しがちですが、なぜAGAが起こるのか、AGAが起こる仕組みとは何なのかを知り、体質に合った正しいAGA治療を継続することが大切です。

AGA治療は継続することが大切です

AGAはテストステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼという酵素の一種と結合して作られるDHTが、発毛サイクルを乱すことにより発症すると考えられています。
AGA治療はDHTの生成を防ぎ、薄毛の進行を遅らせ、脱毛を止めることが目的です。
治療の効果が現れるまで数ヶ月から1年かかりますので、効果を持続させるには治療を継続することが大切です。

AGA治療をした人の体験談

AGAなのか、一般的な薄毛なのかは自己判断が難しいため、クリニックで診察を受ける必要があります。
ここでは実際にAGA治療をした人の体験をご紹介します。


30代・男性

プロペシアを飲んでみたら確かに効果がありました

鏡を見るたびに頭頂部の薄毛が気になっていたので、AGA治療クリニックに相談しました。
診察の結果、AGAとの診断でしたが投薬で効果が現れるかもしれないとのことでした。
約1年ほど投薬していますが、近所の人に「最近若返りましたね!」と言われます。


40代・女性

髪の手触りがしっかりとしてきました

10代の頃から友達より髪が薄いことがコンプレックスでした。
20代になってさすがにヤバイと思い始め、クリニックを受診しました。
プロペシアを処方してもらい半年が過ぎます。
受診時に撮影した髪の状態とは比較にならないくらい黒い髪が増えてきて、嬉しくてたまりません。


20代・男性

まだ発毛の実感ができません

どんなに育毛剤で手入れしても生え際が後退し続けていくので、ネットで調べてクリニックに相談をしました。
プロペシアを飲みはじめてまだ4ヶ月くらいしか経っていないからか、実感はまだありません。
僕の場合毛根の力が弱いみたいで、育毛や頭皮の手入れもちゃんとしないとダメっぽいです。

あなたは大丈夫!? AGAのセルフチェック

何気なく鏡を見て「もしかしたらAGAかも…!?」と心配になった方は、セルフチェックをしてみましょう。
まだ病院やクリニックで診察をしてもらうのは気が重いという方も、
簡単なセルフチェックでご自分の薄毛がAGAなのかどうか、おおよその判断ができます。

AGAチェック 8選

  • 家族・祖父母・親戚の中で薄毛の人がいる

  • 頭皮のかゆみを感じる

  • 前よりも抜け毛が増えた

  • 額の生え際から髪の毛が後退している

  • 睡眠不足が続いている
    (睡眠時間が6時間未満の方)

  • ストレスを感じることがある
    (特定のあることによって、睡眠不足や食欲不振、めまい、吐き気、うつ状態、体の節が痛むなど)

  • 喫煙者である

  • 食事は外で食べることが多く、野菜をあまり食べない

薄毛の原因がAGAなのかどうかは、簡単なセルフチェックでおおよその判断ができます。AGAによる薄毛は頭頂部が集中的に薄くなる、細い毛が抜ける、家族が薄毛などの特徴がありますので、当てはまった方は無料カウンセリングなどを行っているクリニックで、一度相談なさってみてはいかがでしょうか。

AGA治療を行う上での注意点とは

AGA治療の薬はクリニックで処方しますが、日本国内で無認可のAGA治療薬なども多数存在します。安全に治療を行うためにはどのような点に注意したらよいのか確認していきましょう。

AGA専門のクリニックに相談をする

AGAの治療方法は一人ひとりの症状により異なります。そのため病院やクリニックによって提案する治療方法も変わってきます。
治療効果を感じられる時期にも個人差があり、3ヶ月〜1年ほどで実感する方が多いようです。
AGA治療に使用する薬は副作用も考えられますので、薄毛でお悩みの方はAGA治療専門クリニックに相談することをお勧めします。

インターネットで薬を輸入しない

AGA治療薬はアメリカやインドから、インターネットを通じて個人輸入をすることが可能です。
個人輸入は低価格で薬が手に入ること、処方箋が必要ないという手軽さがありますが、手軽さから発生するデメリットも考えられます。
治療薬を手に入れるための処方箋は必要ありませんが、日本で認可されていない成分が含まれている薬が届く可能性がありますので、個人輸入をする際は十分注意が必要です。

根気よく治療を続ける

AGA治療の効果が実感できるまでは個人差があります。
髪の手触りや見た目から「生えてきているかも」と感じられるのは、治療開始から最低でも3ヶ月〜はかかると言われています。
AGAの要因と考えられているDHTは、AGA治療により生成を抑えることが可能ですが、効果が現れたからといって治療を止めてしまうと、元に戻ってしまいます。
AGA治療は長いスパンで根気よく続けることが大切です。

AGA治療には飲み薬や市販剤などの効果が期待できない?

一般的なAGA治療で処方されるプロペシアは、育毛サイクルを狂わせる成分になる酵素の発生を阻害する薬ですが、
体質が合わない場合もあるため、誰にでも効果があるものではありません。
プロペシアは脱毛を防ぐ効果が期待できますが、育毛や発毛までのケアはできません。
市販されている育毛剤は、AGAの原因そのものに働きかけるわけではないため、使い方を誤ると脱毛を助長してしまう恐れがあります。
AGAの原因は1人ひとり異なります。自己流のケアに頼るのではなく、
専門クリニックに相談することがAGAの悩みから開放される近道になるといえます。

AGA治療の副作用

一般的なAGA治療で使用されるのはプロペシアの内服やミノキシジルを塗布する方法です。プロペシアは、育毛サイクルを狂わせる酵素の発生を抑える効果があります。ミノキシジルは頭皮の血管を拡張する薬で、育毛力を高める効果がありますが、それぞれの薬には下記のような副作用の可能性が報告されています。

■プロペシア⇒肝機能の低下、性欲の減少、勃起機能不全、精子の減少など
■ミノキシジル⇒頭皮の発疹、かゆみ、頭痛、むくみ、動悸など

プロペシアやミノキシジルはAGA治療薬として一定の効果が認められているものですが、あくまでも薬であることから、副作用の可能性も念頭に入れておくことが大切です。

AGA治療に悩む人にまつわるよくある質問10選!

AGA治療をこれから始めようとする方、AGA治療で不安なことがある方で「こんなことはちょっと先生に聞きにくい…」というよくある質問を10個厳選しました。

Q

AGA治療に悩む人にまつわるよくある質問10選!

A

AGA治療をこれから始めようとする方、AGA治療で不安なことがある方で「こんなことはちょっと先生に聞きにくい…」というよくある質問を10個厳選しました。

Q

AGAの治療方法はどんな方法がありますか。

A

薄毛で悩んでいて、セルフチェックをしたらほぼAGAではないかという結果が出ました。
AGAの治療方法にはどんな方法があるのでしょうか。

Q

治療方法は大きく分けると2つあります。

A

AGAの主な治療方法は下記の2つに分けられます。
1・発毛や育毛を促すプロペシアを服用して、頭皮の血行を改善しながら毛母細胞に刺激を与えるミノキシジルを塗る方法。
2・髪の成長を助ける成分を頭皮に注入する施術を行う方法。
AGAの原因や進行状況は一人ひとり異なりますので、最適な治療を選択するためにも信頼できるクリニックへ相談することをお勧めします。

Q

AGA治療の薬はいつまで飲み続けなければならないのでしょうか。

A

これからAGA治療を始めるのですが、どのくらいの期間薬を飲み続けないといけないのでしょうか。また他の薬と併用して飲んでも大丈夫でしょうか。

Q

AGA治療中は服用を継続する必要があります。

A

AGA治療で一般的に処方されるプロペシアは、頭皮の状態をAGAが進行する前のホルモンバランスに戻しますが、
服用を止めてしまうとホルモンバランスが乱れ、再びAGAが進行し脱毛が始まってしまいます。
効果を得るために治療中は服用を続ける必要がありますが、費用や自宅ケアなどの負担はそれほど大きくありません。
また他の薬との併用を希望される場合は担当医にご相談ください。

Q

まだ10代ですがAGAの治療を開始することはできますか。

A

まだ10代なのですが薄毛がとても気になります。セルフチェックをしたところAGAの可能性が高かったのですが、若くても治療を開始することはできますか。

Q

もちろん可能です。AGA治療は出来る限り早く始めましょう。

A

AGAが始まる時期は一人ひとり異なりますが、早い方では第二次成長期から薄毛が始まる場合もあります。
AGA治療は薄毛が気になり始めたときには50%くらい進行しているとも言われています。
AGA治療を始める時期は早いほど治療効果が高くなりますので、薄毛で悩んでいる方はクリニックに相談なさってみてください。

Q

プロペシアと併用して使える薬やサプリメントはありますか。

A

1日も早く薄毛をなんとかしたいです。効果を早く出すためにプロペシアと一緒に使える薬や育毛剤、サプリメントはありますか。

Q

ミノキシジル外用薬、塩化カルプロニウム外用薬などがあります。

A

プロペシアとの併用でお勧めできる薬は、ミノキシジル外用薬、塩化カルプロニウム外用薬などがあります。
ミノキシジルが含まれる外用薬ではリアップがよく知られています。
サプリメントでは、発毛や育毛に不可欠な亜鉛やビタミンE、ビオチンなどのミネラル成分やビタミンがバランスよく含まれたものを摂取することが、効果を実感するために良いと言われています。

Q

プロペシアを飲んでも効果が出ない人はいるのでしょうか。

A

仕事のストレスでハゲてきたのかと思いこんでましたが、セルフチェックをして愕然としています。来週薄毛治療クリニックにカウンセリング予約をしましたが、プロペシアを飲んでも効果が出ない人はいるのでしょうか。

Q

体質によりプロペシアの効果が出にくい人もいます。

A

薄毛の原因は人それぞれで、要因が複雑に絡み合っている人もいます。プロペシアはメーカー調査で約60%の人が効果を感じていますが、40%の人は現状維持とのデータが出ています。プロペシアは体質により効果が出ない人もいますので、事前に遺伝子検査を行い、体質に合った薬を処方していきます。

Q

プロペシアの副作用にはどんなことがありますか。

A

AGA治療を始めました。クリニックでプロペシアが有効だと勧められましたが、薬の副作用が心配です。ネットで調べたらプロペシアには副作用があるということですが、実際にどんな副作用があるのでしょうか。

Q

食欲不振、全身倦怠感などが考えられます。

A

ごくまれにですが、プロペシアの副作用として食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)、性欲の減退、不妊、アレルギー、ポストフィナステリド症候群などが起こる可能性が考えられます。
どのような薬にも副作用の可能性はありますが、体質にプロペシアが合うかどうかの検査をクリニックで行うはずですので、むやみに怖がる必要はないかと思います。

Q

プロペシアの服用を止めるとどうなりますか。

A

AGAの治療を始めて3ヶ月になります。なんとなく髪が増えてきたような気がしますが、まだ実感がありません。この段階でプロペシアの服用を止めるとどうなってしまうんでしょうか。

Q

服用を中止するとAGAは進行します。

A

プロペシアの服用を止めるとAGAが進行することが分かっています。
男性ホルモンのバランスを整える作用があるプロペシアの服用を止めると、頭皮の状態が元に戻ってしまうため、AGAが進行してしまうと考えられています。プロペシアの処方は保険適応外ですので、金銭的な負担が心配な場合は主治医に相談されることをお勧めします。

Q

プロペシアの効果が実感できるまでどのくらいかかりますか。

A

AGA専門クリニックで処方されたプロペシアを飲みはじめて1ヶ月を過ぎました。今のところ変化を全く感じられません。こんな状態で本当に効果が出るのか不安になりました。プロペシアを飲んで効果が実感できるまで、いったいどのくらいかかるのでしょうか。

Q

個人差はありますが、おおよそ半年くらいで実感できる方が多いです。

A

プロペシアを飲めばすぐに髪が生えてくると期待したくなりますが、効果が実感できるまでは半年くらいかかるのが一般的です。
プロペシアは健康保険が適用されず費用がかさみますが、本気で治したいのであれば薬だけに頼るのではなく、生活習慣を見直すことも大切です。

Q

どのくらいの期間通院する必要がありますか。

A

ここ何ヶ月かで見た目ではっきりわかるほど髪の毛が薄くなってしまいました。これから薄毛専門クリニックに相談をするつもりですが、どのくらいの期間通院しないといけないのでしょうか。月に何回か通わないといけないとか制限はあるのでしょうか。

Q

通院間隔は症状によりますが月1回程度です。

A

薄毛の症状によりますが、内服薬、外用薬を処方する場合、月1回程度の通院をしていただくようになります。
お仕事がお忙しい方や通院が困難な方には、ライフスタイルに合わせて処方を多めにすることも可能です。
メソセラピーなどの施術を希望される場合は、2週間に1度くらいの頻度で通院していただく可能性があります。

Q

AGA治療は健康保険の対象になりますか。

A

これからAGA治療を行う予定ですが、AGA治療は健康保険が使えるのでしょうか。もし使えなければ、かなり治療費用がかさむので続けられるか心配です。

Q

AGA治療は自由診療になり健康保険は適応されません。

A

AGA治療は健康保険適応外の治療となり、自由診療で治療費は全額自己負担となります。
薄毛治療は生命に影響がない治療として認識されており、保険が適応されていません。
自由診療のため、薄毛専門クリニックや一般的な病院での治療費設定はそれぞれ異なります。
診察内容や通院頻度、処方薬も違いがありますので、治療目的に合わせてクリニックを選ぶことが大切です。

悩めるのは男性だけじゃない!本気で治す女性のAGA治療

女性Aさん(25歳)

女性Bさん(39歳)

AGAで悩んでいるのは男性だけではありません。女性の脱毛症はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれ、主に更年期を迎えるくらいの年代に多く見られる症状です。
女性は加齢や閉経により女性ホルモンの分泌が減少することで、薄毛、抜け毛など男性のAGAと同様の症状が発生することがあります。
FAGAは女性ホルモンバランスの乱れによることが多いため、AGAより治療効果が出やすいので、薄毛が気になる方は薄毛専門クリニックに相談なさってみてはいかがでしょうか。

AGAは早く治療を開始するほど効果を実感できます

AGAは内臓疾患と異なり、自分で症状を確認することができます。
早く発見できれば治療効果が高まり、薄毛の悩みから開放されるでしょう。
セルフチェックでAGAの可能性が高かった方は、できるだけ早くAGA専門クリニックに相談されることをお勧めします。