トップ > コラム > AGAの方は眼精疲労にならないように注意しましょう

AGAなど薄毛の症状と眼精疲労にはどのような関係があるのでしょうか?

AGAの方は眼精疲労にならないように注意しましょう

AGAの症状を悪化させる可能性がある眼精疲労

AGA(男性型脱毛症)と眼精疲労に深い関係があるのをご存じでしょうか?AGAの直接的原因は男性ホルモンと遺伝ですので、目の疲れとAGAには一見何の関連も無さそうに思えます。しかし眼精疲労の影響は目だけでなく頭皮にまで及び、薄毛の症状を加速させる可能性があるのです。そのためAGAの方は目を疲れさせないように気を配る必要があります。現代人はパソコンやスマートフォンの使用によって目を酷使しています。目が疲れる原因や対策について勉強しておくと、頭皮保護だけでなく健康維持にも役立ちます。

目の使いすぎによる血流悪化

長時間目を酷使していると、肩や首に凝りを感じると思います。これは肩や首が血行不良になっている証拠です。当然肩や首の上部にある頭の血の巡りも悪くなっており、頭皮の血流は滞っています。頭皮の血流が悪くなると、毛母細胞へ髪の毛を健康に成長させるために必要とされる栄養素が届かなくなり、毛髪は細く抜け落ちやすくなります。頭皮の血流悪化はAGAの症状にも良くない影響を及ぼします。

眼精疲労からの回復で消費される成分

薄毛と眼精疲労の関係で注目されるのが、髪の毛を構成している物質です。毛髪の主成分はタンパク質のケラチンです。ケラチンはシステインと呼ばれるアミノ酸を多く含んでいます。眼精疲労からの回復の際にはビタミンB群やL-システインといった成分が消費されるのですが、このビタミンB群とL-システインは毛髪が健康に育つために必要とされる成分でもあります。頻繁に目の疲れに悩んでいる方の場合、眼精疲労の回復へビタミンB群やL-システインが回される分だけ、毛髪への栄養補給が不充分になっている可能性があるのです。ちなみにL-システインを多量に含有している食材に大豆や小麦、鰹節などがあります。AGAの方にもお勧めです。

眼精疲労の原因

眼精疲労とは単純な「目の疲れ」ではありません。目の酷使によって眼に痛み・かすみ・充血などが起き、肩こり・頭痛・吐き気などが併発している状態です。睡眠や休息を取っても容易に回復しません。目が疲れを感じるようになったら、すぐに原因を探り、対策を施すようにしましょう。目の使いすぎの他に眼精疲労の原因として挙げられるのが、睡眠不足と過度のストレス、度数の合っていないメガネやコンタクトレンズの使用です。睡眠不足と過度のストレスは薄毛の状態悪化にも直接関わってくるため、AGAの方はとりわけ避けるようにしなければなりません。

眼精疲労や疲れ目の予防方法

目の疲れを予防するために、パソコンやスマートフォンを長時間使用する際には定期的に目を休めるようにしましょう。パソコンのモニターを1時間眺めたら必ず5分の休憩を取るように習慣づけます。また蒸しタオルを当てたり、遠くを見つめたり、目の周りのマッサージを行ったりすると、目の周辺の筋肉が解れて血行が良くなります。マッサージが無理なら、ウインクや視線の上げ下げなどの簡単な眼球ストレッチだけでもするようにしましょう。頭皮マッサージも眼精疲労の予防や目の疲れからの回復に効果的です。頭皮や目の周り、肩や首筋を総合的にマッサージすると、頭部全体の血の巡りがスムーズになります。眼精疲労の対策は薄毛予防にもつながるため、AGAの方は積極的取り組むようにしてください。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング