トップ > コラム > AGAにならないために日常で気を付けること

AGA治療での注意点は頭皮環境を整えて治療を受けること

AGAにならないために日常で気を付けること

AGAは遺伝性が強いと言われていますが、AGAになりやすい遺伝性を持っているというだけで、必ずしも発症するとは限りません。AGAを発症するのはさまざまな要因があり、生活習慣を見直すだけでも充分予防が可能なのです。

AGAになりやすい人とは?

AGAは遺伝要素と男性ホルモンの影響を受けやすいかどうかが大きく関わっています。AGAになりやすい人とそうでない人は何が違うのでしょうか。ここではAGAになりやすい人とは、AGAは防げるのかを解説します。

DHTの影響を受けやすい人

DHTは頭部に存在する特定の酵素により、育毛サイクルを狂わせる性質に変化したものです。育毛サイクルが乱れると、毛が太くしっかりと育つ前にどんどん抜けてしまいます。異常なサイクルで毛が抜けていくため、細く痩せた髪になっていきます。そのまま放置すると毛根が正常に機能しなくなり、毛が生えなくなります。DHTの影響を受けやすい体質の人はAGAになりやすいのです。

強いストレスを抱えている人

AGAになりやすい人は強いストレスを抱えている場合が多いです。仕事、家庭、学校などでのストレスは、薄毛やAGAの要因とも言え、髪だけでなく健康面でも悪影響があります。強いストレスを抱えると交感神経が優位になり、血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなると、健康な毛が育ちにくくなります。睡眠不足やスマホ不眠なども髪が育ちにくい頭皮環境の要因になります。

生活習慣が乱れている人

AGAになりやすい人はアンバランスな食生活や、運動不足など、生活習慣が乱れている可能性があります。AGAは男性ホルモンによるもの、遺伝性のもので生活習慣は関係ないと思われがちですが、頭皮環境を整えておくことは、AGAにならないために大切です。出来る限り規則正しい生活を送る、栄養バランスの取れた食事に気を配る、睡眠時間をしっかり取る、適度な運動をするなど、生活習慣を見直してみましょう。

AGAは防げるものなの?

成人男性の3人に1人がAGAを発症すると言われています。気づいたら髪が薄くなっていたという人も多いAGAですが、発症を防ぐことはできるのでしょうか。AGAは遺伝性と男性ホルモンのDHTの影響を受けやすいかどうかで、発症するかがほぼ決まってきます。

生活習慣を見直すことでAGAを防げる可能性が出てきます。バランスの良い食事、質のよい睡眠、ストレスを貯めすぎない生活がAGAを予防する可能性があります。

AGA予防の注意点

AGAは生活習慣の見直しで予防が可能です。規則正しい食生活を送れば、頭皮環境も格段に改善されます。頭皮という髪の土壌が豊かでないと、髪がしっかりと育ちません。ここではAGAを予防するために注意したいポイントをご紹介します。

食生活を見直す

食事を見直すことは、頭皮だけでなく体全体の健康に繋がります。毛根に栄養が行き渡ると、健康でしっかりとした髪が生えてきます。髪によいとされる栄養素が含まれる食品のみでなく、タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂りましょう。

不足している栄養素はサプリメントで補うこともお勧めします。忙しい社会人の方、外食が多い方、付き合いで飲み会が多い方などは積極的に補いましょう。

質の良い睡眠を取る

髪の成長には睡眠中に分泌される成長ホルモンが強く関係しています。AGAを防ぐには質のよい睡眠を取ることが大切です。成長ホルモンは深い眠りについているときに多く分泌されます。

睡眠の質を上げるために、睡眠環境を整えてみましょう。眠る直前の食事は避けます。胃の中に消化されない食事が残っていると、体は寝ている間に消化活動を続けるため、質のよい睡眠がとれません。寝る1時間前にはパソコン、スマホ、テレビを消して、脳に刺激を与えるものから離れます。

ストレスを解消する

ストレスは脱毛と深い関係があります。人は強いストレスを受けると自律神経が乱れます。自律神経は呼吸や循環器、代謝など体のバランスを調節するのにとても大切な役割をしています。自律神経が乱れるとホルモンバランスも乱れます。

ホルモンバランスが乱れると代謝や血行不良などが現れ、頭皮の育毛サイクルにも影響が出てしまいます。ストレスを上手く解消する、回避することはAGAを防ぐためにとても大切なのです。

AGAにならないためには生活習慣の見直しが大切

AGAになりやすい人は遺伝とDHTの感受性の高さが大きく関連しますが、AGAにならないためには、バランスの取れた食生活や、良い睡眠、ストレスを溜めない生活を心がけることが大切です。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング