トップ > コラム > 女性のためのAGA治療

女性のAGA治療はストレス対策と生活習慣の改善が大切

女性のためのAGA治療

女性のためのAGA治療を行っているクリニックがあります。女性のAGAには男性用の治療薬は効果がなく、投与自体も禁止されています。女性のためのAGA治療クリニックは女性専用の内服薬を処方してくれます。

女性にもAGA治療があります

最近は男性だけでなく、女性でも脱毛や薄毛の悩みを抱える方が増えています。女性のAGAはFAGAと呼ばれ、女性に見られる脱毛症のことを言います。女性のAGA治療は男性とは違うアプローチで行います。

女性の脱毛タイプ

女性のAGA(FAGA)は、男性のAGAとは異なり、頭頂部から薄毛が進行し、全体に広がっていきます。頭頂部が薄くなるとはいえ、全ての毛が抜けてしまうということはありません。M字型、つむじ脱毛型など、男性のAGAに特有の脱毛は見られません。

FAGAの原因は加齢や更年期による女性ホルモンの減少と言われています。女性ホルモンの減少により男性ホルモンの影響が強くなり、DHTが毛母細胞を刺激して、育毛サイクルが乱れるのです。

FAGAの場合、ストレスやダイエット、ピルの服用によるびまん性脱毛症、出産後の産後脱毛も要因だと考えられています。

AGAとFAGAって何が違うの?

男性はAGA、女性はFAGAと区別するのは、脱毛パターンが異なることが理由として挙げられます。男性の場合は頭頂部や髪の生え際などが特徴的に薄くなりますが、FAGAは頭頂部から全体に髪が細く弱くなります。

FAGA治療はどれくらいの期間かかる?

FAGAは女性ホルモンの減少により男性ホルモンが優位になるために起こると言われています。FAGAの場合、治療をしなければ全ての毛が抜けてしまうということは滅多にありません。加齢や更年期により女性ホルモンの減少があっても、一定量は分泌されるためです。

FAGAは男性のAGAと同じ治療薬は処方できません。FAGAの改善はホルモンバランスを整えることを最優先に治療を行います。過度なストレスからの解消、質の良い睡眠、バランスの取れた食生活などを心がけ、FAGAの症状によっては頭皮の血行を促す外用薬を処方します。

FAGA治療期間は、男性のAGAのように長くかかることはあまりないようです。

FAGAにならないための対策

FAGAの主な要因は女性ホルモンの減少です。加齢や更年期によりどうしても女性ホルモンの減少は避けられませんが、ホルモンバランスを整えてFAGAにならない生活を心がけることは可能です。

ホルモンバランスを乱す原因はストレスです。女性ホルモンが減少する年代は、子どもの進学、独立、親の介護、自身の老後など環境が一変する年代でもあります。環境の変化に上手に適応し、ストレスを溜めすぎないようにしましょう。

髪の発育に必要な栄養素も積極的に摂ります。肉、魚、卵などのタンパク質、亜鉛などのミネラル、ビタミン類の摂取とともに、適度な運動も心がけるとよいでしょう。

妊娠中の方がFAGA治療で気を付けなければならないこととは?

妊娠中はホルモンバランスが乱れるため、一時的に抜け毛が増えることがあります。AGAかもしれないとご主人のAGA治療薬を使用することは絶対に避けてください。AGA治療薬は男性ホルモンに関係する薬です。手に取れる場所に置くことも避けたほうが無難です。

妊娠中の抜け毛は一時的なものですから、それほど気にする必要はありません。どうしてもFAGA治療を行うときはストレスを溜めないことを心がけましょう。

女性のAGA(FAGA)はホルモンバランスの乱れから起こる

FAGAは加齢や更年期の女性ホルモンバランスの乱れから起こります。ホルモンバランスの乱れは避けられませんが、ストレスを溜めない、規則正しい生活、質の良い睡眠で症状の軽減が可能です。FAGA治療クリニックは全国に増えつつあります。薄毛でお悩みの方は相談なさってみてはいかがでしょうか。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング