トップ > コラム > 遺伝とAGAの関係を知ることは抜け毛予防の第1歩です

遺伝子によってAGAの体質を受け継いでも諦める必要はありません

遺伝とAGAの関係を知ることは抜け毛予防の第1歩です

AGAの原因は遺伝にあるのでしょうか?

AGA(男性型脱毛症)の発生原因は遺伝子(ジーン)にあるという話は良く聞きます。そのため脱毛症は親から子へ受け継がれるものであり、父親の髪が薄いと将来自分も薄毛に悩まされるだろうと悲観している男性は多く見受けられます。脱毛症が遺伝と深く関係しているのは間違いありませんが、父親の髪の状態がそのまま息子に引き継がれる訳ではありません。実はAGAは母方の家系から息子に受け継がれるケースが多いのです。

AGAが発生するメカニズム

男性ホルモンの影響によってAGAは発症します。男性ホルモンの1種であるテストステロンは睾丸で作られていますが、このテストステロンが分泌しなくなると脱毛症の進行も止まります。但しテストステロンの分泌と脱毛症が直結している訳ではありません。まずテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつくことによって、より強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変化します。このジヒドロテストステロンへの変換が薄毛の症状を引き起こすのです。テストステロンの分泌量はあまり個体差が無いのに対して、5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって個体ごとに差が大きく出ます。またジヒドロテストステロンは毛髪の細胞にあるアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)とくっつくことで、活発化します。アンドロゲンレセプターの感受性が高いほどAGAへの影響は強まりますが、その敏感度も遺伝によって決定すると考えられています。

AGAに関係する遺伝子の受け継がれ方

AGAの原因となるアンドロゲンレセプターと5αリダクターゼの遺伝子(ジーン)はどのように引き継がれるのでしょうか?アンドロゲンレセプターのジーンは母親から息子に引き継がれます。アンドロゲンレセプターのジーンはX染色体上に存在しており、息子は母親からX染色体を受け継ぐためです。父親からはY染色体を受け継ぐため、この場合は関係ありません。けれども娘は父親のX染色体を受け継ぎます。母方の祖父のX染色体にあるアンドロゲンレセプターのジーンは母親を通して息子に受け継がれるので、母方の祖父が薄毛の場合は、孫に影響が出やすくなります。また5αリダクターゼのジーンは両親のどちらからも子供に受け継がれます。しかも優先して受け継がれるのは敏感度の高い方です。

遺伝子以外のAGA要因

AGAが遺伝する確率は25%程度と考えられていますが、自分の親族を見渡して薄毛に悩んでいる人が多ければ、早めに対策を施したほうが良いでしょう。但しアンドロゲンレセプターや5αリダクターゼが活発に働く遺伝子(ジーン)を受け継いだからと言って、必ずしも全ての方が脱毛症になるとは限りません。ジーン関係の他に生活習慣や外部環境、加齢も原因になりますので、予防に気を付けていれば発症しない可能性もあります。脱毛症が遺伝しているかどうか知りたい方は、ジーンの検査をしている専門機関で調べてもらいましょう。検査の結果、AGAのジーンが存在することが確認されたら、早めの対策を施すことが大切です。

AGA予防は早めの対応が大切

AGAの予防は、自分が脱毛症になりやすい体質かどうか知ることから始まります。もし発症前に脱毛症の遺伝子を受け継いでいることが分かったとしたら、それはむしろ好機です。生活環境の改善や育毛剤の使用など、様々な薄毛対策を施すことで、発症を抑えることができます。AGA専門のクリニックに1度は相談に訪れてみましょう。適切なアドバイスをしてくれます。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング