トップ > コラム > 血液検査によって得られる情報でスムーズに進むAGA治療

血液検査はAGA治療に有効なため初診時に受けることをお勧めします

血液検査によって得られる情報でスムーズに進むAGA治療

血液検査は薄毛治療に役立つのでしょうか?

AGA(男性型脱毛症)の治療や相談で専門のクリニックを訪れると、血液検査を勧められることが良くあります。薄毛の診断や治療に血液の調査は必要なのだろうかと疑問に思われる方も居られるでしょう。実は血液を調べても薄毛の原因が男性型脱毛症にあるのかどうかまでは判定できません。けれども脱毛の原因を探ったり、今後の治療方針を決定するのに、この血液検査は大変役立ちます。薄毛治療の専門クリニックで血液の調査を提案されたら、受けてみることをお勧めします。

血液検査で判明するAGA関連の事柄

AGA治療に関する血液検査で判明するのは、薄毛に影響を与えている男性ホルモンの量です。睾丸で作られる男性ホルモンの1種であるテストステロンや、テストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結合して更に強力になったジヒドロテストステロンの量を量ります。ジヒドロテストステロンはAGAの発症に大きく関係しているため、薄毛や抜け毛に悩んでいる方は、この血液の調査によって男性型脱毛症である可能性が高いかどうかが分かるのです。現在髪の状態に異常が無い方も、将来脱毛症を患う確率がどの程度であるかが推測できます。但し血液中のテストステロンやジヒドロテストステロンの量が多くても、それだけで男性型脱毛症になる訳ではありません。血液中の男性ホルモンの量が分かっても、あくまでも男性型脱毛症の可能性が高まるだけです。AGAが現在発生しているかどうかの認定は、頭髪の後退具合を測るというシンプルな方法によってなされます。

薄毛の人が血液検査を受ける利点

男性ホルモンの測定以外でも、血液検査はAGAの治療に役立ちます。まず採取した血液を分析することで、貴方の身体の健康状態が分かります。男性型脱毛症以外の薄毛や抜け毛の原因が突き止められるケースもあります。また血液検査による肝機能の確認などによって、AGA治療薬のプロペシアを服用する際に副作用が出る可能性はないか予めチェックできる利点も大きいです。

AGAの血液検査に掛かる費用はどれくらい?

AGAの治療はあくまで自由診療ですので、保険の対象外です。そのため血液検査の費用は診断を受ける医療機関によって異なってきます。血液の調査は初回の問診時に行われるケースが多く、目安は初診料が3千〜5千円、血液検査が5千〜1万円といったところです。医療機関によっては初診料が掛からなかったり、血液の調査を薬の処方前後で2回行って体調の変化を確認するところもあります。血液検査の仕組みや費用については、診療を受ける機関にシッカリ事前確認してください。

AGAにおける血液検査と遺伝子検査の違い

AGAの血液検査と類似した調査に遺伝子検査があります。遺伝子検査は口内粘膜の採取などによって行われるため、血液の調査より気軽に受けられるでしょう。アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモンの受容体に関連する遺伝子を調査することで、将来男性型脱毛症になる可能性や現在薄毛が進行している方はその原因がAGAである確率が高いかどうかを判断する材料にします。また脱毛症治療薬プロペシアに含まれる有効成分フィナステリドへの感受性も、遺伝子調査によって測定することが可能です。フィナステリドへの感受性が高ければ高いほど、プロペシアの効き目も上がります。血液の状態は体調によって変化しますが、遺伝子の情報は生涯変わりません。薄毛が気になる方は、早めに遺伝子検査を受けることをお勧めします。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング