トップ > コラム > ニキビを頭皮に生じさせないためのAGA治療における注意点

ニキビが頭皮に出来る原因となるAGA治療薬に含まれる成分とは?

ニキビを頭皮に生じさせないためのAGA治療における注意点

発毛効果のある成分ミノキシジル

AGA(男性型脱毛症)の治療に役立つ成分として期待されているものの1つにミノキシジルがあります。発毛に効果がある成分として知られており、ミノキシジルが含まれている発毛剤や内服薬のミノキシジルタブレットは医療機関におけるAGA対策の切り札として活用されています。ただこのミノキシジルは身体に及ぼす影響が強いだけあって、使い続けていると肌荒れやニキビといった副作用が出てくる可能性もあります。頭皮にニキビが出来たり、頭部の皮膚が荒れてしまったりしたら、AGAの症状が悪化してしまうかもしれません。ミノキシジル入り発毛剤を正しく使用して薄毛を改善しましょう。

血管拡張薬として開発されたミノキシジル

元来ミノキシジルは高血圧に悩む方のために用いられていた成分でした。血管を拡張して血圧を下げる働きがあったからです。このミノキシジルに多毛症の副作用があることが判明したため、試しに頭部に水溶状態で塗布してみたところ、発毛効果が見られました。これが転機となってミノキシジルはAGA治療の薬としても活用されるようになったのです。基本的には外用薬として使用されていますが、内服薬として処方してくれる医療機関もあります。

ミノキシジルの頭部への効用と副作用

何故ミノキシジルに発毛効果があるかと言えば、もともと血管拡張薬として開発されたため、頭皮の血管を広げて血流を良くする働きがあるからです。頭皮の毛細血管に多くの血液が流れるようになれば、髪の毛に届けられる栄養分や酸素がそれだけ増えて、髪が健やかに育つようになります。内服薬としてミノキシジルを用いると多毛効果は全身に及び、外用薬として頭部に塗ると強力な発毛剤として役立ちます。いずれにせよAGA治療に効果的な成分であることは間違いありません。但し血流が良くなると、皮脂の分泌量も増えてしまいます。頭皮は身体の部位の中で最も皮脂が分泌される箇所です。過剰な皮脂分泌により毛穴が詰まるなど頭皮環境の悪化現象が起きると、マラセチア菌やアクネ菌といった雑菌が繁殖し、頭部にニキビや肌荒れが生じてしまいます。睡眠が不足したりストレスが溜まったりしている方は、肌トラブルが起きやすいので要注意です。

頭皮ニキビと薄毛の関係

皮脂や汚れが溜まるなど皮膚環境が悪化するとアクネ菌が過剰繁殖して炎症を起こし、ニキビが出来てしまいます。頭皮ニキビが薄毛の直接原因になると言うよりも、頭皮ニキビが見付かる頭部の状態そのものが問題です。頭皮に出来ているニキビは、頭皮で皮脂が必要以上に分泌されたり毛穴が塞がっている証拠です。頭皮ニキビはAGA治療の障害にもなるため、早めに治すようにしましょう。

副作用が心配なら専門の医療機関へ

もし頭皮ニキビが気になったら、すぐに専門の医療機関に相談に行くようにしてください。放置していると状態が悪化してしまいます。ミノキシジルが原因のようならAGA治療を行っている専門のクリニック訪問がお勧めです。ミノキシジルを含んだ薬剤の効果的な使用法や副作用への対処の仕方を教えてくれます。ミノキシジル以外の有名なAGA治療薬がプロペシアです。プロペシアは発毛効果のあるミノキシジルと違って、脱毛症を抑える働きをします。一方でプロペシアの服用は肝機能に影響を及ぼす可能性もあります。AGA専門のクリニックではミノキシジルやプロペシアが貴方の体質に合うかどうか検査してくれますし、万一副作用が診られたら迅速に対応してくれるため安心です。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング