トップ > コラム > AGAになりにくい女性でも産後脱毛など薄毛の悩みは尽きません

AGAの女性型や産後脱毛など女性で薄毛に悩む方はまず専門家へ相談を

AGAになりにくい女性でも産後脱毛など薄毛の悩みは尽きません

女性で薄毛に悩んでいる方へ

薄毛に悩んでいる女性の方は、まずご自身の薄毛がどのようなタイプの症状であるかを把握しなくてはなりません。タイプによって治療法が異なるためです。
一例を挙げると、意外なことに女性でもAGA(男性型脱毛症)を発症するケースがあります。女性が罹るAGAは、通常のAGAと区別してFAGA(女性男性型脱毛症)と呼びます。AGAの原因は男性ホルモンですが、女性の体内でも少量ですが男性ホルモンは分泌されています。女性の体内には毛髪を育てる働きを持つ女性ホルモンが大量に存在しているため、健康な状態であれば男性ホルモンの影響は殆どありませんが、加齢などによって女性ホルモンの分泌量が減少すると男性ホルモンの影響が増大してFAGAを発症してしまう可能性があるのです。女性ホルモンのバランス変調によって起こる薄毛には、分娩後脱毛症と呼ばれるものもあります。これは産後の女性の髪が抜け落ちる症状で、分娩後脱毛症に悩んでいる女性の方は多いです。

出産後に髪の毛が減る期間

分娩後脱毛症は女性特有の薄毛の症状で、出産の際の女性ホルモン変調によって起こります。産後脱毛とも呼ばれます。出産後数日してから抜け毛が出始めますが、薄毛の状態は一過性のものであり、通常は半年から1年程度で元に戻るため、薄毛になっても慌てないようにしましょう。但し症状には個人差があります。回復に掛かる期間が長引いたり、高齢の方で稀に完治しないケースもあります。分娩後脱毛症を発症しない方も居られます。産後は、どの女性もストレスを抱えがちです。身体と頭皮の状態によっては、FAGAなど他の脱毛症を併発する可能性もあります。

分娩後脱毛症とは?

頭髪全体が薄くなるのが分娩後脱毛症の特徴です。髪の毛のボリュームが減ってしまい、髪の分け目が目立つようになります。この点、前頭部や頭頂部など特定箇所の抜け毛が進行するAGAの状態とは異なっています。分娩後脱毛症の直接的原因は妊娠と出産によるホルモンバランスの変調です。妊娠中の女性の体内では、プロゲステロンとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増大します。この女性ホルモンは母体を守って出産の安全性を確保する働きをしますが、同時に髪の毛の成長を促す効果も持っているのです。そのため妊娠中に毛髪の量が増える女性も居られます。出産後、妊娠中の反動によりプロゲステロンとエストロゲンの分泌量が減少してしまい、髪の毛が抜け落ちやすくなります。この髪の成長が休止している期間が長引く症状を分娩後脱毛症と呼ぶのです。出産後半年から1年程度経過してホルモンバランスが安定するとともに、症状も治まります。

出産後のお勧め食材は大豆

出産後の生活習慣の変化やストレス増大もホルモンバランスを崩し、分娩後脱毛症を引き起こしたり長引かせる要因になります。ストレスを溜めないように生活リズムを整え、特に食事内容には注意を払うようにしましょう。産後脱毛の予防や緩和には大豆を使用した食材がお勧めです。大豆に含まれているイソフラボンという成分はエストロゲンと類似した構造ですので、髪の毛への良い効果が期待できます。

相談することの大切さ

FAGAや分娩後脱毛症にお悩みの方は、皮膚科や薄毛治療の専門クリニックなどで早めに相談するようにしましょう。産婦人科では、出産後のホルモンの状態を調べて、身体の状態に合ったアドバイスをしてくれます。1人で悩みを抱え込まないことが大切です。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング