トップ > コラム > 頭皮環境をマッサージなどで改善してAGA予防に役立てましょう

頭皮マッサージなどの頭部ケアはAGA治療のサポート手段として重要です

頭皮環境をマッサージなどで改善してAGA予防に役立てましょう

AGAと頭皮ケアの関係

頭部の皮膚環境を良くするために行うマッサージなどを頭皮ケアと呼びます。AGA(男性型脱毛症)は遺伝との関係が深いため、頭部の皮膚環境へのケアは症状改善に効果が無いと思われている方も居られるかもしれません。けれども頭部の皮膚環境が悪いままだとAGAに治療を施しても効果が薄くなってしまうため、AGA対策において頭皮ケアは重要視されています。但し間違ったケアの仕方では逆効果になってしまうため、正しいケア方法を学ぶ必要があります。もしもケアの最中に頭部に痛みを感じるようなら、直ちに中止してください。

AGA治療において不可欠な頭皮の環境改善

頭部の環境改善を幾ら頑張ってもAGAにおける遺伝的要素を変えることは出来ません。けれども頭部の皮膚は髪の毛を育てる土台です。頭部の皮膚状態が悪いと、髪の毛の健康な成長が阻害されてしまいます。頭の皮膚環境が悪化すると皮脂の量が増えて血流も悪くなり、皮膚は固くなります。固い頭皮はAGA発症の引き金になったり、進行を速める原因になったりします。またAGAの治療を行う際に、頭部の皮膚が固かったり、皮脂が頭皮に溜まっていたりすると、外用薬を頭部に施しても有効成分が必要なところまでなかなか届きません。頭部の皮膚環境改善は、AGA治療における前提と言えます。

デリケートな頭部の皮膚

頭皮ケアの代表的手段が頭部へのマッサージです。頭皮マッサージには、頭の皮膚を柔らかくして血流を良くし、毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂を押し出して取り除く効果があります。思い立ったら自宅ですぐにでも試せますが、正しいケア方法を学んでから取り掛かるようにしましょう。頭の皮膚は身体の他の部分の皮膚と比べて薄いため、間違ったマッサージをすると傷めてしまう可能性があります。強い力で長時間マッサージをしても逆効果です。もしマッサージ中に痛みを感じるようなら、やり方が間違っています。

正しい頭皮マッサージのやり方

頭部へマッサージを施すタイミングは、頭部や指先が温まり、頭皮も潤っている入浴時が最適です。入浴時以外なら、お湯に浸けたり両手を擦り合わせたりして指先を温めてからマッサージに取り掛かるようにしましょう。頭部の皮膚や髪の毛を傷つけないように、爪を立てずに指の腹の部分で行います。力はあまり入れません。頭の皮膚を揉みほぐしながら持ち上げたり、軽めに叩いたり、優しく押したりします。マッサージする箇所は頭頂部や後頭部、額や顔の側面など頭全体です。耳周りも忘れないようにしてください。首周りのマッサージも同時に行うと頭部への血流が良くなるため効果的です。頭の皮膚はデリケートですので、マッサージは慎重にしなくてはなりません。痒みを覚えても安易に掻かないようにしましょう。頭皮用ブラシや育毛シャンプーの併用もお勧めです。

薄毛予防に効果がある頭皮マッサージ

頭部へのマッサージには、血流改善の他に、眼精疲労の緩和やストレス軽減の効果もあります。頭部の血流が良くなると毛母細胞へ酸素や栄養素が届きやすくなり、髪の毛が健康に育つようになります。薄毛予防に頭皮マッサージは効果がありますので、AGAの方にもお勧めです。ただし痛みを感じるやり方では頭部にダメージを与えて逆に薄毛の状態を進めてしまう可能性があるため、注意しましょう。ブラシを使用する場合は先端が丸くなっていて当たりが柔らかいものを選びます。日常的に長く続けることが大切ですので、シャンプーしながらマッサージするのも1つの手です。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング