トップ > コラム > ストレスとAGAの関係について薄毛対策の点から考えます

ストレスを溜めない生活でAGAの予防や症状緩和に努めましょう

ストレスとAGAの関係について薄毛対策の点から考えます

ストレスとAGAの関係

薄毛とストレスには何か関係があるのでしょうか?薄毛の代表的な症状と言えばAGA(男性型脱毛症)ですが、AGAの発症には遺伝的要素が大きな役割を果たしています。そのため生活習慣による精神状態とはあまり関係が無さそうに思えますが、実は精神の緊張と男性型脱毛症の進行には深いつながりがあります。男性型脱毛症の発症や進行は頭皮の血流に左右されるからです。頭皮における血の巡りが順調で髪の毛を育てる毛母細胞に充分な酸素や栄養素が補給されている方は、薄毛になりにくい状態です。一方、頭皮の血流が悪く毛母細胞へ必要な養分が届いていない方の髪の毛は細くなり抜けやすくなります。精神緊張を抱える生活を送っている方の血の巡りは全身的に悪いです。頭皮は身体の他の箇所と比べて生命維持のための重要性が低く、真っ先に栄養補給が滞ってしまいます。AGAの進行にストレスは直接的影響を与えている訳ではありませんが、その発症や症状進行に間接的影響を及ぼしていることがお分かりいただけると思います。

ホルモンバランスの乱れとAGA

AGAの発症や進行にはジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが深く関係しています。ジヒドロテストステロンが頭皮に存在する男性ホルモン受容体と結びつくと、育毛サイクルが乱れて髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。ストレスを過剰に感じる生活を続けると、ホルモンバランスが崩れて育毛サイクルの乱調が更に酷くなります。頭皮の血管収縮が、髪の毛の成長阻害に拍車を掛けます。頭皮は髪の毛を育てる土壌ですが、精神的疲労はその土壌を痩せ細らせてしまうのです。脱毛症の予防や治療の前提として、頭皮という土壌の状態を良くしておかねばなりません。薄毛に悩む方はストレスを溜めない生活を心懸けるようにしましょう。

ストレスを溜めると女性にもAGAの可能性が?

稀にですが女性も男性型脱毛症を発症する可能性があります。男性のAGAと区別してFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。女性の髪は通常は女性ホルモンの働きによって守られているのですが、ストレスなどによってホルモンバランスが崩れると女性ホルモンの分泌量が減ってしまい、相対的に女性の中に少量ですが存在している男性ホルモンの影響が大きくなってしまうのです。身体の新陳代謝も低下し、結果としてFAGAを発症するリスクが高まります。頭皮の血管収縮やホルモンバランスの乱調は、女性男性型脱毛症以外にも女性の薄毛のタイプに多い瀰漫性脱毛症などを引き起こす要因になります。

円形脱毛症とストレス

ストレスが原因で発症する主な薄毛に円形脱毛症があります。俗に「10円ハゲ」などと呼ばれるもので、円形または楕円形の脱毛が頭部に発症します。突然抜け毛が増えるのが特徴で、自覚しにくく、他人から指摘されてようやく気付いたという方も多いです。原因として、自己免疫疾患やアトピー、遺伝的要素の他に精神的ストレスも挙げられています。精神の緊張が交感神経に悪い影響を及ぼし、それが頭皮環境を悪化させると考えられているのです。

薄毛治療におけるストレス軽減の重要性

ストレスに関係する主な薄毛の症状にAGAと円形脱毛症があります。AGAと円形脱毛症では治療方法が異なるため、専門のクリニックに相談するようにしましょう。どちらも早期に発見して治療に取り掛かることが大切です。また予防や治療においては、ストレスを溜めない生活を送ることを心懸けねばなりません。生活習慣や食生活の見直しが必要になります。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング