トップ > コラム > AGAに代表される薄毛の症状にお酒が与える影響とは?

AGAに悩んでいる方は過度なお酒の摂取は控えるようにしましょう

AGAに代表される薄毛の症状にお酒が与える影響とは?

飲酒と薄毛の関係

社会人の生活とお酒は切り離せません。アルコールの摂取は薄毛に何か関係があるのでしょうか?もちろん過度の飲酒が身体に良くないことは分かっていますが、ストレス解消にちょっとしたお酒を楽しみたい方も多いと思います。もし少量のアルコールも頭皮環境に影響を与えるとしたら、AGA(男性型脱毛症)に悩む方にとっては大問題です。結論から述べると適度な飲酒なら、AGAの発症や進行に悪い影響を与えることはありません。けれども飲み過ぎは身体に悪いのみならず、AGAを含めた薄毛に良くない影響を及ぼします。薄毛の問題を抱えている方は、お酒の量に注意するようにしましょう。

アセトアルデヒドとジヒドロテストステロン

何故過度の飲酒はAGAの進行に影響するのでしょうか?飲酒によって体内に取り込まれたアルコールはアセトアルデヒドと呼ばれる物質に変化するのですが、このアセトアルデヒドは毒性を持っています。幸い肝臓の働きによってアセトアルデヒドは無毒な酢酸へと分解されるため、適量のお酒なら何ら問題になることはありません。しかしお酒の飲み過ぎによって体内のアセトアルデヒドが増えると、酢酸への分解が追いつかず、アセトアルデヒドが血液中に長期に渡って残留してしまうのです。二日酔いはこのアセトアルデヒドに起因する現象です。そしてアセトアルデヒは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの分泌量に関係しています。ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症の原因となるホルモン物質として知られており、「アセトアルデヒドが増えるとジヒドロテストステロンの分泌量も増える」という研究結果から、過度の飲酒はAGAの進行に関係すると考えられているのです。但しアセトアルデヒドとジヒドロテストステロンの関係については未解明の分野も多く、現在も研究が進められています。

過度な飲酒の頭皮への悪影響

過度な飲酒をすると肝臓がアルコールの分解に掛かりきりになってしまいます。そうなると毛髪の主原料であるタンパク質を構成するために必要とされるアミノ酸などの栄養素がアルコール分解のために肝臓で消費されてしまい、タンパク質の合成が進まなくなってしまうのです。髪の毛の原料が生成されにくくなり、薄毛のリスクも高まります。またお酒の中でも日本酒やビールは比較的糖質が高めですが、糖質の過剰摂取は頭皮の皮脂分泌量を増やしてしまいます。頭皮の皮脂が必要以上に増えることは、毛穴詰まりや雑菌繁殖の原因となり、頭皮環境の悪化を招きます。AGAに悩む方は髪の毛の健康を損なわない食生活を心懸けるべきです。

AGA治療薬とアルコール

薬剤の中にはアルコールとの同時摂取を禁じているものもあります。AGAの治療薬はどうでしょうか?詳しくは専門の先生に確認したり、製品の添付文書を読んでください。ちなみにAGAの代表的内服薬であるプロペシアは、服用中であってもアルコールの摂取を特に禁じてはいません。アルコールによってプロペシアの効果が変化したり、副作用が起こるとは考えられていないためです。但し肝臓の働きなどを考えると、アルコールと薬剤の同時摂取は基本的に控えるべきでしょう。

休肝日の勧め

お酒の飲み過ぎはAGAに代表される薄毛に良くない影響を及ぼすだけでなく、様々な病気の発生リスクを高めてしまいます。日本酒なら1合程度、ビールなら瓶1本がお勧めの酒量です。お酒好きの方は、意識的に休肝日を設けるようにしましょう。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング