トップ > コラム > AGAなど薄毛の症状に性行為は関係があるのでしょうか?

AGAの方が性行為を控えても薄毛が改善する訳ではありません

AGAなど薄毛の症状に性行為は関係があるのでしょうか?

薄毛と性行為との関係は?

「性行為のしすぎが薄毛の原因になる」という話題が一時期流行ったことがあります。本当かどうか確かめようにもデリケートな話題ですので質問しにくく、疑問を放置したままにしている方も居られるかもしれません。AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる方は、治療に安心して取り組むためにも疑問を解消しておくほうが良いでしょう。まず結論から述べると、性行為とAGAの進行には関係があるとは考えられていません。性行為や自慰を我慢してもAGAに良い影響が無いのは残念ですが、薄毛の方も特に気にせず男女のお付き合いに励むことが出来るのは朗報と言えるでしょう。

AGA発症における男性ホルモン変容の仕組み

何故、性行為と薄毛との間に関係があると考えられたのでしょうか?その理由は男性ホルモンにあります。性的行為や性的興奮は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌を促します。男性ホルモンはAGAの発症や進行の原因となるため、性行為と薄毛が関連づけられるようになったのです。けれどもテストステロンの分泌がAGAの症状と直結している訳ではありません。テストステロンは5α還元酵素の働きによって、より強力なジヒドロテストステロンに変換されます。このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞に存在している男性ホルモン受容体と結びつくと、ヘアサイクルが乱れます。その結果、髪の毛が成長する前に抜け落ち、薄毛になってしまうのです。

過度の射精は控えましょう

性行為とAGAの発症や進行に関係は無いと言っても、過度の射精はお勧めできません。もちろん身体への負担もありますが、精子にタンパク質や亜鉛が含まれていることもその理由の1つです。タンパク質は髪の毛を構成する主要な要素であり、亜鉛にはAGAの原因であるジヒドロテストステロンの働きを抑制する効果があります。射精は確実にタンパク質や亜鉛を含んだ精子を外部に排出してしまいます。適度な射精は健康維持のためにもむしろお勧めですが、無理を押しての頻繁な射精は控えるようにしてください。ちなみに薄毛予防に効果があるとされる亜鉛は、性機能を活性化させる働きも持っており「セックスミネラル」とも呼ばれています。亜鉛は体内で生成できない栄養素ですので、薄毛が気になる方は亜鉛を多く含んだ牡蠣などの食材やサプリメントを摂取するようにしましょう。

性行為によるストレス発散

性行為にはストレス発散の効果もあります。ストレスを溜めすぎると自律神経が変調を来し、頭皮の血行を阻害するなどAGAに悪い影響を与える可能性があります。健康に害を及ぼさない一般的な頻度の射精は、薄毛と関係ありません。無理に性行為を我慢してストレスを蓄積しないようにしましょう。

AGA治療薬と射精障害

AGAの代表的な治療薬にプロペシアがあります。プロペシアの副作用として知られているのが、男性機能の障害です。もちろん副作用が生じる可能性は低いのですが、性欲減退や射精障害、勃起不全が起こるケースもありますので、妊活などを考えている男性は場合によってはプロペシアの服用を中止したほうが良いでしょう。プロペシアに含まれる成分フィナステリドは精子の働きに良くない影響を与えますが、服用を中止すれば速やかに回復するため、あまり神経質になる必要はありません。ただし妊娠中の女性は胎児に何らかの影響がでる可能性があるため、プロペシアに絶対触れないようにしてください。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング