トップ > コラム > AGA発症のポイントはジヒドロテストステロンにあります

AGA治療において重要となるジヒドロテストステロンの分泌抑制

AGA発症のポイントはジヒドロテストステロンにあります

AGA発症のメカニズム

AGA(男性型脱毛症)を治療するためには、その発症のメカニズムを知らなくてはなりません。AGAの原因となるのはジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンは、テストステロンという名称の男性ホルモンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きによって変容したものです。テストステロン自体は通常の男性ホルモンと同じように脇毛や髭などの成長を促進させる効果があるのみで薄毛には基本的に関係しないのですが、これがジヒドロテストステロンに変化すると脱毛作用を持ってしまいます。ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びつくことによってヘアサイクルが乱れて、髪の毛の成長が阻害されてしまうのです。

5αリダクターゼの働きを阻害するAGA治療薬

5αリダクターゼの働きを抑制してジヒドロテストステロンの分泌量を減らす効果を持つ成分が、フィナステリドです。ちなみに5αリダクターゼには1型と2型があり、頭頂部や前頭部に多く存在する2型がAGAへ大きく影響すると考えられています。フィナステリドは2型5αリダクターゼに効き目があります。5αリダクターゼの1型2型どちらにも効果がある成分として近年注目を集めているのがデュタステリドです。フィナステリドを含んだ代表的治療薬としてプロペシア、デュタステリドを含んだ代表的治療薬としてザガーロが挙げられます。どちらもテストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを防ぐため、AGAの治療に役立ちますが、デュタステリドを含んだ治療薬は効き目が強い分だけ副作用の危険性も大きいです。またジヒドロテストステロンとは無関係のAGA治療薬の成分に、ミノキシジルがあります。血管を拡張して発毛を促します。

育毛剤と発毛剤どちらがお勧めか?

AGA治療を自分で行おうとした場合、入手しやすいのが育毛剤と発毛剤です。スプレータイプやクリームタイプがあります。育毛剤は、現在生えている髪の毛の成長を促進したり、痒みやフケを抑えて頭皮環境を良くします。一方発毛剤は、頭皮の毛母細胞に働きかけるなどして髪の毛を再生し、薄毛の状態を解消することを目的としています。フィナステリドやミノキシジルといったAGA治療に効果がある成分を含んでいるのは発毛剤です。けれどもフィナステリドとミノキシジルにはそれぞれ副作用の危険性があります。単に薄毛が気になるだけの方は、まずは育毛剤を使用するほうが良いでしょう。発毛剤を用いる場合は、事前に充分な知識を持っておく必要があります。

育毛剤と発毛剤に含まれる成分

育毛剤に含まれる成分はオウゴンエキスやセンブリエキス、イチョウ葉エキスやノコギリヤシなどです。抗菌作用や抗炎症作用で頭皮を清潔にし、血の巡りを良くすることで毛母細胞に充分な栄養が届くようにします。発毛剤に含まれる成分はフィナステリドやミノキシジル、塩化カルプロニウムなどです。血管を拡張して血流を増やし、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの働きを抑えます。

専門クリニックへ相談を

ミノキシジルやフィナステリドが含まれている発毛剤を使用する際には、正しい知識が不可欠です。そのためAGAの本格的治療を望む方には専門クリニックへの訪問をお勧めします。患者それぞれの症状に合った治療薬を処方してくれますし、生活習慣の改善や頭皮ケアにおけるアドバイスもしてくれます。副作用の対策もシッカリしているため安心できます。発毛剤の使用は、専門クリニックと相談しながら行うと効果的です。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング