トップ > コラム > AGAや薄毛の方にお勧めするヘアワックスの賢い使用方法

AGAの方も正しくヘアワックスを使用すれば頭皮にダメージはありません

AGAや薄毛の方にお勧めするヘアワックスの賢い使用方法

ヘアワックスと薄毛の関係

ヘアワックスの使用は頭皮にどのような影響を与えるのでしょうか?AGA(男性型脱毛症)の方は気になると思います。AGAの発症や進行を抑えるためには、頭皮の環境を可能な限り良くしておかなくてはなりません。整髪料の過度の使用は、頭皮にダメージを与えてしまう可能性があります。けれども正しく使えば、特にトラブルは起きないでしょう。ヘアワックスとAGAの関係について、正確な知識を持つようにしてください。

界面活性剤の髪の毛への影響

多くの整髪料には、髪を綺麗にセットするために界面活性剤が含まれています。毛髪の大部分はタンパク質によって構成されているのですが、界面活性剤は髪の毛からタンパク質を奪う働きをします。尤も石油系界面活性剤は市販のシャンプーなどにも入っており、それほど髪の毛にダメージを与える訳ではありません。但しカチオン界面活性剤は効果が強いため、髪の毛のタンパク質を壊して毛髪を弱々しくしてしまう可能性があります。AGAの方はカチオン界面活性剤が入っているヘアワックスは使用しないほうが良いかもしれません。また整髪料には油分が多いため、頭皮に付着すると毛穴が詰まってしまいます。毛穴が油分やホコリなどで塞がれると、健康な髪の成長が阻害され、薄毛や抜け毛の原因になります。AGAの症状にも良くない影響があります。

しつこい洗髪は避けましょう

ヘアワックスを落とそうとして、しつこく髪を洗う方も居られますが、あまりシャンプーを使いすぎると頭皮にダメージが蓄積して、逆に薄毛の原因になりかねません。過度の洗髪は、必要な頭皮の皮脂まで洗い流してしまいます。また頭皮が乾燥したり、過剰に皮脂が分泌したりして、頭皮環境が悪くなります。AGAなど薄毛の方は髪の洗いすぎにも注意してください。もちろん洗髪せずに整髪料をつけたまま就寝するのは厳禁です。

ヘアワックスの賢い使い方

髪型を整えるためにヘアワックスは欠かせません。AGAの方も正しく使用すれば、大丈夫です。まず使用量は控えめにしましょう。重ねづけやつけ直しは避けたほうが良いです。ワックスは直接髪につけずに、手のひらで擦り合わせながら薄くのばしてから髪につけます。また頭皮には出来るだけつけずに、髪の先端部分を中心に整えるようにしてください。頭皮の毛穴詰まりを防げますし、慣れてくればヘアスタイルをナチュラルに仕上げられるようになります。帰宅したらすぐに洗髪して整髪料を落とします。特にAGAの方は、洗髪の際には頭皮マッサージもするようにしましょう。毛穴に詰まった汚れや油分、皮脂がマッサージによって押しだされます。

薄毛の方にお勧めのヘアワックス

AGAに悩んでいる場合、安価な整髪料の使用は避けたほうが良いでしょう。髪に負担を掛ける成分を使用しておらず、天然由来の成分や頭皮ケア成分を配合しているヘアワックスが、薄毛の方にはお勧めです。界面活性剤フリーで成分の多くが天然由来の整髪料も販売されています。頭皮や髪に優しい成分のみの整髪料もあり、髪のスタイリングのみならず頭皮の保湿にも使えます。お湯だけで洗い流せる整髪料もあります。自分の髪に合ったヘアワックスを見付けてください。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング