トップ > コラム > AGAなど薄毛の方が雨に濡れた際の対処方法について考えます

AGAの症状は雨に濡れただけでは悪化しませんがその後の処置が重要です

AGAなど薄毛の方が雨に濡れた際の対処方法について考えます

酸性雨の髪への影響について

「酸性雨に濡れると薄毛になってしまう」という真偽不明の話があります。「酸性」という禍々しい響きもあって信じてしまった方も居られるかもしれません。けれども酸性の降水による直接的影響で、髪の毛が抜けることはありません。髪の毛の殆どはタンパク質で出来ており、強力な酸性の液体はタンパク質を溶かしてしまうことから「酸性の降水は薄毛の原因」という迷信が生まれたと考えられます。けれど雨に濡れること自体、髪や頭皮にとっては良くありません。酸性の降水はとりわけそうです。AGA(男性型脱毛症)の方は頭部が雨によって濡れないように気をつけなくてはなりません。万一濡れてしまったら、AGAの症状に良くない影響を及ぼさないうちに早めのケアをしましょう。

雨水による頭皮へのダメージ

頭部が雨に濡れたまま放っておくと、髪や頭皮が傷んでしまいます。AGAの方は特に注意しなくてはなりません。水分によって髪の保護膜が開いてしまい、髪の栄養素が漏れ出すと共に外部からのダメージを受けやすくなってしまうからです。また頭皮も濡れた状態で放置すると、雑菌が繁殖する可能性が大きくなります。降水には空気中のホコリやチリが含まれているため、通常の水より頭皮環境にとっては良くない存在です。毛穴が汚れで詰まったり、皮脂の分泌量が増えて臭いのもとになります。また頭皮が水分によって冷えると血行が悪くなって毛母細胞へ必要な栄養が届かなくなり、髪の毛の成長が阻害され抜け落ちやすくなってしまいます。雲からの降水は髪と頭皮の大敵です。AGAの直接的要因では無いにしろ、濡れたままだとAGAの状態が悪化するリスクが高まります。

注意すべき酸性雨

日本で降る雨は例え酸性雨と呼ばれるものであっても酸性度は低く、髪や頭皮に直接的影響を与える程の成分は含んでいません。髪の毛のタンパク質を溶かすことなどあり得ません。けれども酸性雨は、硝酸や硫酸といった人体に害のある物質を含んでいます。濡れることによるダメージは通常の降水より大きくなるため、AGAなど薄毛の方は注意が必要です。

雨水の汚れを洗髪で取り除きましょう

雨に濡れたら、まずタオルやハンカチで水分を拭き取ります。それから出来る限り早く洗髪して汚れを落としましょう。特に排ガスなどで空気が汚れている地域の降水は、髪や頭皮に良くありません。AGAの方にお勧めの洗髪方法をお教えします。洗髪の際は、シャンプーの前に湯による素洗いをしてください。実は素洗いで髪や頭皮に付着した汚れの大部分を落とすことが可能です。素洗いによって毛穴が開いてから、シャンプーを手で泡立てて髪の毛や頭皮を揉みほぐします。素洗いもシャンプーも、指の腹でマッサージをするように丁寧に行います。最後に濯ぎ残しが無いように充分に洗い流してください。せっかく降水の汚れを取り除いてもシャンプーなどが地肌に残っていたら、頭皮の状態が悪くなります。

髪を乾かす際の注意点

洗髪後は自然乾燥に任せずにドライヤーなどを使用して乾かしてください。雨に濡れた後でも洗髪後でも、放置は良くありません。頭皮に雑菌が繁殖してかゆみやフケの原因になります。ドライヤーは頭部から20㎝ほど離し、毛髪だけでなく頭皮も乾かすように使います。但し頭皮が乾燥しすぎてもAGAなどの薄毛に良くないため、長時間あて続けないようにしましょう。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング