トップ > コラム > AGAや女性の薄毛と頭皮の血行との関係について考察

AGAや女性の薄毛治療において血行改善療法が注目を集めています

AGAや女性の薄毛と頭皮の血行との関係について考察

薄毛の原因となる血行不良

薄毛の原因の1つとして、頭皮における血行不良が挙げられます。髪の毛を作っている毛母細胞は毛乳頭を通じて毛細血管から、健康な髪の育成に欠かせない酸素と栄養素を受け取っています。何らかの原因でこの血液からの必要成分の供給が滞ると、ヘアサイクルが乱れて薄毛や抜け毛が促進してしまうのです。AGA(男性型脱毛症)を患う方にとって、頭皮の血流改善は症状緩和のために重要です。ちなみにAGAは男性特有の薄毛症状と考えられがちですが、女の方が発症するケースもあります。男性のAGAと区別して、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。女性の体内にもAGAの原因となる男性ホルモンは存在しており、加齢などが原因で女性ホルモンが減少すると、影響力が大きくなってFAGAの引き金になると考えられています。頭頂部と前頭部が薄くなりがちな通常の男性型脱毛症に対し、FAGAは頭部全体の毛髪が弱々しくなり全体的に薄くなるのが特徴です。

血の巡りを悪くする原因

薄毛に悩んでいる女性の頭皮にも、血行不良の症状は多く見られます。頭皮の血の巡りが悪くなる原因として、運動不足やストレスなどによる自律神経の乱調が挙げられます。また栄養バランスが偏った食事や喫煙、過度の飲酒も血液の流れを悪くします。水分の摂取量が不足すると血流が滞りがちになってしまいますが、一方で冷たい水を摂りすぎても身体が冷えて血液のスムーズな流れが阻害されてしまうため注意しましょう。薄毛が気になる女性は、生活習慣を見直してみましょう。

代表的な女性の薄毛症状

血行不良や栄養不足によって起こる女の方の薄毛の症状には、主なものとして分娩後脱毛症や瀰漫性脱毛症、牽引性脱毛症などがあります。分娩後脱毛症は出産後の女性に一時的に起こる症状で、通常は半年から1年程度で回復します。頭部全体の髪の毛が薄くなる瀰漫性脱毛症は代表的な女性の薄毛症状で、早めに手当てを施すことが大切です。牽引型脱毛症は髪の引っ張りすぎによる抜け毛や頭皮の血行阻害を原因として起こります。日頃髪をキツく結わえている女の方は特に気を付けましょう。

日常生活で頭皮の血行を良くする方法

頭皮の血行を改善するためには、頭部へのマッサージがお勧めです。1日5分程度でも、継続すれば頭皮に良い影響を与えます。洗髪時の頭皮が温まった状態で行えば、より一層効果的です。また体温を維持して血流を良くするためには、体幹と骨盤を温めることが大切です。腰やお腹を冷やさないように注意しましょう。軽めの有酸素運動や充分な睡眠、バランスの取れた食事も血行を良くしてくれます。無理なダイエットはしないようにして下さい。

頭皮の血行促進に力を入れている恵比寿美容クリニック

育毛治療クリニックの中には、治療薬の投与では無く、血行改善による薄毛の治療に力を入れているところもあります。特に恵比寿美容クリニックは、血流改善ガス治療と栄養治療によって、毛髪の再生を行っている専門クリニックとして有名です。AGAの影響で髪が薄くなった頭頂部や前頭部に血流改善ガスを施すことで血行を良くし、更に栄養供給を行うことで毛根を活性化させます。AGA治療薬の投与は行わないため副作用の心配はありません。頭皮の血流に関しては500倍に拡大する特殊な機械を使用して患者自身の目で確認してもらっています。効果の実感を早めに得られる点も魅力です。薄毛に悩む女性の方も多く訪れており、患者の40%以上が女性です。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング