トップ > コラム > 抜け毛の原因となる紫外線から毛髪と頭皮を守る対策法とは?

抜け毛が気になる方は原因の1つである紫外線対策の見直しを

抜け毛の原因となる紫外線から毛髪と頭皮を守る対策法とは?

毛髪にダメージを与える紫外線

日焼けや肌のシミを警戒して、UVカット商品や日焼け止めクリームなどを使用することで紫外線(UV)対策を行っている方も多く居られるでしょう。紫外線への対応で意外と対策を疎かにしているのが頭皮部分です。髪の毛がUVを防いでくれると思われるかもしれませんが、強い太陽光線であるUVは毛髪を通り越して頭皮まで届きます。まず前提として、UVは毛髪自体を痛める原因です。UVはタンパク質にダメージを与える働きをしますが、毛髪の殆どはタンパク質で出来ています。頭部が長時間UVに晒されると、毛髪を守っているキューティクルと呼ばれる表皮から油分や水分が抜けてしまい、髪がパサパサの状態になります。初期には切れ毛や枝毛が目立つ程度ですが、放置していると抜け毛の原因になってしまいます。

頭皮にダメージを与える紫外線

紫外線は頭皮へダメージを与えて抜け毛の原因となるため、対策が必要です。頭皮に届いたUVは毛髪を作る毛母細胞を壊すとともに、毛母細胞へ髪の毛の成長に必要な酸素と栄養素を運んでいる毛細血管の血液の流れを阻害してしまいます。その結果髪の毛は弱々しくなり、抜け毛につながってしまうのです。またUVに長時間晒された頭皮の毛穴からは、ダメージ回復を目的として皮脂が多量に分泌されます。この過剰な皮脂の分泌も薄毛や抜け毛の原因です。必要以上に頭皮の表面に生み出された皮脂が酸化することによって、頭皮環境が悪化してしまうためです。雑菌が繁殖したり汚れや皮脂による毛穴詰まりが起こったりして状態が酷くなると、頭皮が炎症したりフケが大量発生したりする可能性もあります。

帽子着用や日傘利用の勧め

薄毛や抜け毛の原因となる紫外線から毛髪や頭皮を守る対策として、最も手っ取り早い方法が帽子の着用です。但し帽子の長時間着用による頭部の蒸れは避けるようにしなくてはなりません。ニットや麻のような通気性の良い素材で出来た帽子がお勧めです。紫外線の影響が弱まる日陰や屋内では、帽子を取るようにしましょう。帽子の清潔さにも気を配ってください。帽子着用による頭部の蒸れや汚れが抜け毛の原因になるかもしれないと気にする方も居られるかもしれませんが、脱帽後にキチンと洗髪すれば問題ありません。日傘の利用も、紫外線対策には効果的です。UVカットの素材による日傘も販売されています。

強烈な紫外線で頭皮にダメージを負った場合

夏場などの強烈な紫外線は、短時間であっても髪や頭皮にダメージを与えて抜け毛の原因になります。もし強烈な日差しによって頭部に痛みを感じるようなら、放置せずに対策を施さなくてはなりません。まず応急対策として冷やしたタオルや冷水シャワーで頭皮の炎症進行を防ぎましょう。痛みや痒みが特に無ければ化粧水を、痛みや痒みを継続的に感じるようなら抗炎症成分が配合されているローションを頭皮に塗布します。保湿によって、患部の炎症を鎮めるのです。それでも痛みが治まらないようなら、皮膚科に相談して原因を取り除いてください。

抗酸化作用を持つ栄養素を含む食品

紫外線を浴びると身体を守るために活性酸素が発生し、それが原因となって肌が老化してしまいます。抗酸化作用を持っている栄養素を多く含む食材の摂取も、紫外線による抜け毛対策に効き目があります。カテキンやビタミン類を含有している緑茶、βカロテンやビタミンAが豊富な人参などの緑黄色野菜、強力な抗酸化力があるイソフラボンを含んでいる大豆食品、ビタミンEを多く摂れるナッツ類などがお勧めです。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング