トップ > コラム > 薄毛が気になる方に知ってもらいたい男性ホルモンとAGAの関係

薄毛の症状の中でもAGAは男性ホルモンと深いつながりがあります

薄毛が気になる方に知ってもらいたい男性ホルモンとAGAの関係

大切な男性ホルモンと女性ホルモンのバランス

髪の毛の量と体内の性ホルモンが深く関係しているという話は良く聞きます。男性ホルモンが多い人は薄毛で、女性ホルモンが多い人は髪がフサフサしているといった具合です。性ホルモンに関する話題は本当なのでしょうか?実は男性の中にも女性ホルモンは存在し、女性の中にも男性ホルモンは存在しています。女性ホルモンが活発に働くと、男性ホルモンの活動は抑制されます。出産後の女性の髪の毛が一時的に抜け落ちる分娩後脱毛症は、女性ホルモンの分泌が出産によって短期的に乱れることによって起こる症状です。薄毛を治すには体内における男性ホルモンの量を減らし、女性ホルモンの量を増やせば良いのでしょうか?そう単純ではありません。男性ホルモンは男性の成長や健康維持に必要な物質ですし、必ずしも薄毛の症状に直結している訳ではないからです。毛髪の健康な成長に必要なのは、男女双方の性ホルモンのバランスが取れていることです。

大豆食品摂取の勧め

性ホルモンは単に髪の毛の成長だけでなく、健康維持や精神の安定にも深く関係しています。そのため薄毛への対策のために必要以上に男性ホルモンの分泌を抑えたり、女性ホルモンの分泌を増やしたりすることは避けなくてはなりません。男性ホルモンの過度な抑制は体力の低下や精力減退を引き起こす怖れがあります。ホルモン注射や漢方薬の摂取によって性ホルモン量をコントロールしようとする場合、専門家と相談しながら行うようにしてください。性ホルモンのコントロールにおいてAGAなど薄毛が気になる方が気軽に試せる方法としては、大豆食品の摂取があります。豆乳や納豆などの大豆食品に含まれているイソフラボンは女性ホルモンを活性化させる働きを持っており、髪の成長に良い影響を及ぼします。

AGAの原因となる男性ホルモン5αリダクターゼ

薄毛の症状の中でも、AGA(男性型脱毛症)は特に男性ホルモン分泌による影響が大きいと考えられています。男性ホルモンの1種であるテストステロンは、毛母細胞の中にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結合することによってジヒドロテストステロンに変化します。このジヒドロテストステロンが、毛母細胞の働きを阻害してAGAの発症や進行の原因となるのです。AGAと関係しているのはあくまでジヒドロテストステロンですので、5αリダクターゼの働きを抑制すれば、AGAによる薄毛の症状を緩和することが出来ます。

ジヒドロテストステロンの働きを抑制する薬

AGAの原因となるジヒドロテストステロンの働きを抑制する最も効率の良い手段は、5αリダクターゼの作用を阻害することです。5αリダクターゼの阻害に効き目のある成分として知られているのがフィナステリドです。フィナステリドを配合したプロペシアは、AGAの治療薬として良く活用されています。

ジヒドロテストステロンの働きを抑制する食材

薄毛対策のためにAGA治療薬を服用する場合、副作用の危険性もあるため、専門家と事前に話し合うようにしなければなりません。一方ジヒドロテストステロンの作用を抑える食材の摂取は薬剤投与ほど大きな効果は得られませんが、副作用の心配も無く、手軽に始めることが出来ます。特にお勧めの栄養素は亜鉛です。生牡蠣やレバー、しじみ、煮干しなどに亜鉛は多く含まれています。また亜鉛の体内吸収に必要な栄養素ビタミンB6が豊富に含まれている食材は鶏レバーや豚肉、ピーナッツなどです。かつおの赤身や牛肉は、亜鉛とビタミンB6どちらも含んでいます。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング