トップ > コラム > AGAなど薄毛の方が糖分を摂る際に気を付けるべき点とは?

AGAの方が糖分を摂りすぎると薄毛が進行する可能性があります

AGAなど薄毛の方が糖分を摂る際に気を付けるべき点とは?

薄毛に関係してくる糖分摂取

お菓子や甘い食べ物が嫌いな方は少ないでしょう。しかし糖分の摂りすぎは肥満ばかりでなく、薄毛にも関係していると言われています。AGA(男性型脱毛症)にお悩みの方には気になる話題だと思います。但し薄毛や抜け毛を防ぐためには、やみくもに糖質制限を行えば良いという訳ではありません。糖質も身体の健康維持に欠かせない栄養素です。大切なのは糖分が身体に及ぼすメカニズムを知り、適度な量を摂取するようにすることです。ちなみに甘い物やお菓子以外でも糖分は調味料の中などにも含まれていますし、アルコールも分解されると糖質に変化するため、知らず知らずのうちに摂りすぎてしまう可能性があります。AGAなど薄毛が気になる方は特に注意しましょう。

糖分の摂りすぎで生じる毛髪の成長不足

糖分を含んだ甘い物を体内に摂り込むと、その分解のためにビタミンB群が消費されます。このビタミンB群はタンパク質が毛髪になるのをサポートするなど、髪の毛の健康な成長に欠かせない要素です。そのため糖質の大量摂取でビタミンB群が必要以上に消費されると、髪の毛が弱々しくなってしまい切れ毛や薄毛が目立つようになります。AGAなど薄毛の進行にも悪い影響を与えます。

糖分摂取過剰による中性脂肪の増加

糖分を摂りすぎると血液中の中性脂肪が増えます。体内に入った糖はそのまま血液によって全身に運ばれたり、グリコーゲンとして一旦肝臓に蓄えられたりしますが、グリコーゲンとして許容できる範囲を超えると中性脂肪となってしまうのです。血液の中の中性脂肪が増加すると血行が悪くなり、毛母細胞に髪の毛の成長に必要な酸素や栄養素が行き渡らなくなります。当然、AGAなど薄毛の症状が進行する可能性は高くなります。

脂漏性脱毛症になる可能性

体内の中性脂肪が多くなると、皮脂腺から体外に排出されるようになります。頭皮の皮脂腺からも血液によって運ばれた中性脂肪が分泌されるため、甘い物など糖分を摂りすぎると髪の毛や頭皮がベタベタするようになってしまいます。皮脂の多量分泌は、毛穴詰まりや雑菌の繁殖など頭皮環境を悪化させる一因です。症状が深刻化すると脂漏性脱毛症になってしまうかもしれません。薄毛の方で、AGAと脂漏性脱毛症が併発しているケースもあります。

糖分摂取とストレスの関係

糖分の過剰摂取は体内の活性酸素も増やしてしまいます。活性酸素は皮膚など身体の老化を促進する働きをします。毛髪や頭皮への影響も大きいです。AGAなど薄毛の方は、活性酸素を増やさないように工夫した生活を送る必要があります。また糖類を毎日のように摂っていると血糖値が不安定となり、ストレスのもとにもなります。ストレスもAGAの大敵です。但し無理に糖分を控えることも、ストレスの原因になりかねません。適度さが大切です。

過度な糖質制限は逆効果

適切な糖質制限は髪の毛の成長に良い影響を与えます。糖分が含まれている食べ物としてお菓子や甘い物の他に、ご飯やパン、めん類などの炭水化物による料理も挙げられます。炭水化物は糖質と食物繊維が一体となっている栄養素だからです。そのため糖質を制限するために量を減らす食材として良く取りあげられますが、炭水化物の摂取量を極端に減らすと、エネルギーを確保するために体内にあるタンパク質が分解されてしまいます。タンパク質は毛髪の主要な構成要素ですので、タンパク質の不足は毛髪の栄養欠乏につながります。AGAの方が糖質制限をする場合、事前に充分な知識を持った方に相談するようにしましょう。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング