トップ > コラム > AGAなど薄毛の方が海やプールで泳ぐ際に気を付けるべきこと

AGAなど薄毛の症状に海やプールの水はダメージを与えます

AGAなど薄毛の方が海やプールで泳ぐ際に気を付けるべきこと

薄毛の方にとって憂鬱な夏

夏になると海やプールに行く機会が増えます。他の季節でも、温水プールは利用客が多いです。AGAなど薄毛に悩んでいる方は海やプールに誘われると困ってしまうかもしれません。水に濡れると頭部の髪の薄さが目立ってしまうからです。気にしない方も居られるでしょうが、どうしても気になる方は思いきって短髪にしてしまうのも良いかもしれません。AGAなどで薄毛であっても、ロングヘアと比べて印象に残りません。ビーチ遊びなどに徹して水の中に入らない方法もあります。但し夏は毎年巡ってくる訳ですから、AGAや薄毛の治療に取り掛かり、根本的解決を目指すのが最も適切な対処方法だと言えるでしょう。ところで海やプールの水が髪の毛や頭皮に良くない影響を及ぼすことをご存じでしょうか?キチンと対応すれば症状が悪化することは避けられますが、漫然と水遊びをしているとAGAなど薄毛の状態が進んでしまう可能性があります。気を付けてください。

海での髪や頭皮へのダメージ

夏場に海に行くと、まず強烈な日差しを浴びてしまいます。日光に含まれている紫外線は頭皮や毛髪にダメージを与えることで知られています。皮脂の分泌量が増加して毛穴が詰まったり雑菌が繁殖しやすくなったりするのです。皮膚の老化現象も起こります。紫外線に頭皮が長時間晒されることで炎症になる危険性もあります。また海水中の塩分などミネラル成分や浸透圧も髪に良くありません。毛髪に付着した塩分は髪を作っているケラチンと呼ばれるタンパク質を溶かし、更に水分を奪ってしまいます。泳ぎ終わって髪が乾くとゴワゴワしているのは、そのためです。塩分は頭皮からも水分を奪うため、放っておくと頭皮が荒れてしまいます。潮風を長時間浴びているだけでも、やはり塩分によるダメージが頭皮や髪に蓄積されるので、AGAなど薄毛の方は注意しましょう。

海水浴における髪や頭皮へのダメージを防ぐ方法

海から上がった後にシッカリ洗髪して付着した塩分などを落とすことで、海水浴による髪や頭皮へのダメージを防ぎましょう。濡れた状態の髪は傷みやすいため、洗髪後はすぐに乾かすことが大切です。また海に入っている時以外は帽子を被って紫外線を防ぐようにしてください。水中キャップの利用もお勧めです。海水浴と言えば日焼け止めですが、髪の毛専用の日焼け止めスプレーや摂取用の日焼け止めも販売されています。AGAなど薄毛の方にとって頭部への日光は大敵ですので、積極的に活用しましょう。

プールにおける頭皮や髪へのダメージと対処方法

プールの水には、消毒のための塩素が含まれています。プールの塩素も髪や頭皮にとって良くない存在です。頭皮や髪の毛の水分を奪いますし、頭皮に存在している皮膚を保護するために必要な皮脂も除去してしまいます。プールの水に濡れた髪や頭皮を放置していると乾燥が進み、フケの大量発生や炎症の原因になりかねません。AGAなど薄毛の方はもちろん、髪の毛が丈夫な方もプールから上がった後は髪の毛をキチンと洗って付着した塩素を落とすようにしてください。

危険な長時間遊泳

水に長時間浸かっていると低体温症になる危険性があります。1時間程度なら構いませんが、数時間続けての水泳は避けるようにしましょう。体温が低くなると血液の流れが悪くなったり、免疫機能が弱まったりします。頭皮における血行も阻害されて、髪の毛の健康な成長に必要な酸素や栄養素が届かなくなります。血液のスムーズな流れは、AGAなど薄毛の症状緩和に無くてはならないものです。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング