トップ > コラム > AGAで薄毛が気になる方は枕選びも慎重に行いましょう

AGAなど薄毛の症状を悪化させる可能性がある間違った枕の使用

AGAで薄毛が気になる方は枕選びも慎重に行いましょう

髪の成長に欠かせない充分な睡眠

AGAなど薄毛の方は枕選びにも注意したいものです。何故なら髪の毛の成長にとって睡眠は重要な要素だからです。自分に合った寝具を使用することでグッスリと眠ることが出来れば、それは頭皮の状態や発毛に良い影響を及ぼします。睡眠不足は体力の低下やストレスの蓄積、ホルモンバランスの乱調などを引き起こす怖れがあります。AGAなどで薄毛が気になる方は良質な睡眠を取るように心懸けましょう。

低反発枕と高反発枕

自分に合った枕とはどのようなものでしょうか?これは個人個人によって異なります。柔軟さや大きさなど選択基準はいろいろありますが、重要なポイントは「高さ」と「素材」です。男性なら2〜5㎝、女性なら1〜3㎝が高さの目安であり、体格によってかなり変動します。朝起きたときに首に痛みを感じるようなら高さが合っていない証拠ですので、取り替えるか調節するようにしましょう。そのまま使い続けると、腰痛や肩こりの原因となりかねません。首や肩を痛めると頭部への血の巡りが悪くなり、頭皮の毛母細胞へ運ばれる酸素や栄養が不充分になってしまいます。AGAなど薄毛の方にとって、良くない状態です。肩こりや首こりに効果がある枕として、高さの調節が可能な低反発と高反発の商品が販売されています。低反発は深く沈み込んで頭部にフィットすることが、高反発は沈み込みが浅くスムーズに寝返りをうてることが特徴です。どちらが首や肩に負担を掛けないかは、やはり個人の体格や体質、寝返りの頻度などによります。よく眠れて翌朝には疲れが取れている品が、自分には合っているということです。

重視すべき素材の通気性と吸収性

枕の素材については通気性と吸収性に優れたものを選ぶようにしましょう。旅行用のエアータイプやクッションなどは通気性と吸収性が良くない素材で出来ているケースが少なくありません。通気性や吸収性が悪い素材で作られているタイプを使用すると、睡眠中に頭が蒸れて、皮脂の分泌量が増大したり、雑菌が繁殖してしまったりします。頭皮環境の悪化は、AGAなど薄毛の方にとって避けなければならない事態です。また寝具を使用する際には、清潔さの維持が大切です。枕本体が洗えない場合は陰干ししたり、カバーの手入れを頻繁に行うようにしましょう。

枕無し睡眠法が合う方も

AGAなど薄毛の方で枕無し睡眠を行っている方も居られます。使用しないほうが楽に眠れるという方は、無理に使用することはありません。後頭部が平らで寝返りをうつ回数が少ない人なら、首や肩に余計な負担を掛けずに安眠できるケースもあり得ます。枕無し睡眠が身体に合っているかどうか分からない方は1度試してみてください。2週間ほど続けてみても枕使用時と比較して睡眠の質が向上したと感じられないようなら、止めましょう。2週間経って以前よりよく眠れるようになったら、枕無し睡眠が身体に合っている可能性が高いです。睡眠中の頭部への血流を良くして、AGAなど薄毛の予防に役立てましょう。

髪や頭皮の修復に必要とされる睡眠時間

AGAなど薄毛の方にとって大切なのは、質の良い睡眠を取ることです。日中に頭皮や髪が受けたダメージは睡眠中に修復されているからです。睡眠不足が続くと頭皮や髪へのエネルギー供給が減ってしまい、結果としてAGAなど薄毛の症状が進行してしまいます。髪を育てる成長ホルモンは寝てから30分〜3時間の間に多く分泌されるため、最低でも継続して3時間、出来れば6時間の睡眠は欲しいところです。

2017年AGA治療 総合クリニックランキング